カテゴリー
ニュース

腎臓病食は宅配してもらうのがイチバン賢い選択!

慢性腎臓病に対しタンパク質を制限する「低タンパク食」食事療法は、さまざまな効果が認められています。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に多少なりとも腎臓に負担が出ます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)する必要があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で言えば30~40gに相当します。腎臓病でも食事療法が適切であれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の悪化を極力抑える事が可能なのです。非常に上手にいくと、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと考えるレベルで遅らせられるようになります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質をもとに造られる老廃物であり、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が少なくなれば、クレアチニンの量も減少します。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が高まるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。第一は、傷んでしまった腎機能の障害の進行を少しでも遅くして透析導入を遅らせる効果です。第二に、腎が障害されて危険な毒素が血中に溜まるのを抑え、血液が酸性になったり、電解質が異常になったりするのを抑える効果です。第三に、その結果厄介な症状や危険な合併症が出ないようにする効果です。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血液の濾過作用が上手に行われず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内で増加し初めます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを維持することが必要となります。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上にあまたのたんぱく質がふくまれているのです。オヤツには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。腎臓病の人の為に低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が悪化すれば、より厳しく食事を管理する必要があります。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も追加されるのです。食事内容は自己流で判断せずに、栄養士や医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)のアドバイスの元確定するようにしましょう。低タンパク食食事療法の基本は、「タンパク質の制限」「必要十分なエネルギー摂取」「食塩制限」の三つです。成功の鍵は、でんぷん製品や低タンパク特殊食品を上手に活用することです。ここでは、特殊食品の調理法や減塩のポイントなどを押えつつ、旬の食材を使用した楽しい食事を紹介しています。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つ事にあります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を試みる事で腎不全が進行しないようにできるでしょうし、結果的に透析を開始する時期を遅くできるでしょう。更に言えば、透析開始後も、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は必要不可欠です。日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)を出します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できるでしょう。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。この場合 飲み水だけではなく、食品中における全水分が相当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみで済みます。この場合の水分制限は病気の状態や尿量等総合的に踏まえて医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)が適切な数値を出します。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。お世話になってるサイト⇒腎臓病食 宅配 ランキング

カテゴリー
ニュース

腎臓病のサプリとしてクレアギニンexは確固たる地位を築きつつある

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、クレアギニンEXのポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓は働きが弱くなると病状が進んで一般的に腎不全へ移行します。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。市販のクレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムが含まれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよくクレアギニンEXを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓の機能に異常が顕れた時は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の現状に照らし合わせた最新の治療が期待できます。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。腎臓は糸球体という小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、あるいは、赤血球を作るホルモンや血圧の調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能になります。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではなかなかわからなかったりするので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。場合によっては尿に病気のサインが出るので、ただちに病院で診察を受けましょう。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、前向きにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に関してはクレアギニンEXと蛋白制限が軸となり、そのうちクレアギニンEX食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3においてはクレアギニンEX6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、クレアギニンEXを摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。食材の味を楽しむことができます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販でも購入できるクレアギニンEXがあります。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。
PR:腎臓病クレアギニンEX